house of the very island’s… / ITEM PHOTO UP

th_IMGP6532

th_IMGP6524

th_IMGP6520

th_IMGP6523

“house of the very island’s club division middlesex klassenkampf but the question is where are you”
秋冬新作がオーストリア ウィーンから届きました。
まずは、カットソーとコートからです。(後ほどパンツも届きます)

14AW “house of the very”シーズンカラーは、ディープブルーやグレイバイオレット、暗いブルゴーニュからパープルベリーまでの赤の濃淡によって構成されています。これらの鮮烈なカラートーンは、冬の霧のようなライトグレイやオフホワイトの差し色となってより色合いを際立たせてくれます。

今回のキーアイテムとなるのは、縮絨したウールで作り上げたコート。
力強く彫刻的、それでありながらエレガントなシルエットに仕上がっています。
のちほどホワイトカラーのクラシックコートも入荷いたしますので、こちらも楽しみにお待ちください。
“house of the very”らしい、ヴィヴィットカラーとオーバーシルエットの作品です。
まずはアイテム写真から、ごゆっくりご覧ください。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

http://houseofthe.com

house of the very island’s club division middlesex klassenkampf but the question is where are you, now?は、ウィーンで活動するアンダーグラウンドのデザイナーと映像作家、ミュージシャンなど個々で活動している、4人のデザイナーの共同作業です。それゆえ、私達の衣服の概念は広い意味で捉えられています。様々な概念を持った人が集まることによって、全く新しい概念へ進むことが出来ると考えています。各々の持っているアプローチ、それでもやはり根本的な考えは共有しますが、環境維持保全への意義、私達のまわりにある社会的な政治的な出来事に関心を持っています。ただその深みを出す為にはそれらの議論によって固定概念からの脱却が必要です。現実的であり、ごく当たり前の教養上の解釈、特に性の問題、ファッションに向けての私達の全てのアプローチは欠く事の出来ない行為だと思っています。創り出すことを通じて、世の中のねじれや変化に矛盾する。私達のブランドの名前の最後にquestionmarkを付けたのは、世の中に対しての不変の問いかけ、また自分たち自身と私達のまわりへの問いかけ、挑み続ける立場のままでいること、それがファッションとその外部における私達の立場を捉え直すと考えます。2008年より、Karin KrapfenbauerとMarkus Hausleitnerの2人のチームによってファッションにフォーカスを当てて動いています。

The label house of the very island’s club division middlesex klassenkampf but the question is where are you, now? was founded in 2006. House of the very island’s started out as a cooperation of four designers rooted in a network of underground artists, musicians and film-makers in Vienna. A therefore widely influenced notion of clothing defined the label’s work, all collections including short films presented along with them.
Since 2008 Karin Krapfenbauer and Markus Hausleitner work as a team focusing explicitely on fashion. Heading for an all sexes avant-garde casual wear House of combines effortless wearability with conceptual patternmaking and explicit silhouettes. Mathematical operations are used to make classic patterns into complex, witty and highly individual clothes. Another key aspect is the use of ecological and fair trade materials. The focus on sustainability and socially fair modes of production is not only due to political convictions but it is first of all an aesthetic choice and a decision for high quality standards. The sensual quality of hand woven textures, the liveliness of plant colours and the wearing charecteristics of organic materials are an essential part of the looks.The question marking the end of the label’s name should be read as a constant appeal, reminding us that fashion is not a closed entity, but a vital part of social, political and cultural discourses.

————————————————————————
“RiZM Closet”
岩手県盛岡市大通 1 – 10 – 21
12:00 – 20:00 (水曜定休)

contact@rizmcloset.com
019-623-3357
————————————————————————
“Overseas sales E-mail”
contact@rizmcloset.com

Address: 1-10-21, ODORI, MORIOKA, IWATE,
020-0022 JAPAN
————————————————————————

Share on Facebook