年の瀬ジャケット

最終更新日

年の瀬にこんなタイトルで、スタイリングのご紹介を。

当店に並ぶ洋服は、少し難解でどんな風に着たら良いのかわからない。
そんな感想を時々いただきます。それに対して、ご自身の思うままに自由に着てください、という前提で、こうすれば良いですよ、というテクニックもご提案しています。

まず、パンツを決めます。このスタートが肝心です。シルエットは土台から。
(個人的な意見ですが、トップスから選んでいきますと、全体のバランスに偏りが生じます。)

その後、トップスを選びます。シンプルなカットソー、その上にハイゲージニットと、パンツとの素材と色を合わせながらレイヤーしていきます。

BASE STYLE,
YOHJI YAMAMOTO / HIGH GAGE KNIT / SIZE3 / 50,000 (NO TAX)

JAN-JAN VAN ESSCHE / WIDE EASY TROUSERS / 75,800 (NO TAX)

そして、いよいよジャケット。
ベースがしっかりしていれば、どんなジャケットでもすんなり馴染んでくれます。
冬はトーンが暗くなりがちですので、ストールで色を差し込むのが新鮮。

IMGP7016JAN-JAN VAN ESSCHE / KIMONO JACKET / SIZE S,M / 153,400 (NO TAX)
BABY CASH / MOEGI STOLE / 35,000 (NO TAX)

IMGP7026YOHJI YAMAMOTO / LAYERD SCRATCH JACKET / SIZE 2,3 / 160,000  (NO TAX)
BABY CASH / WINE RED STOLE / 35,000  (NO TAX)

IMGP7031YOHJI YAMAMOTO / HALF JACKET / SIZE 3 / 98,000  (NO TAX)


リズムのあるブラックウォッチにハットでアクセントを。IMGP7011YUGE / BLACK WATCHack Watch / SIZE 48 / 89,000  (NO TAX)
YOHJI YAMAMOTO / RABBIT FAR OILD SMASH HAT / 76,000 (NO TAX)

 

当店で扱っている洋服は高価なものですが、クオリティと普遍性には自信を持っているものばかりです。もったいがらずに着倒すような気持ちで、毎日、羽織って頂きたいと思っています。

こんなジャケットで気持ち良く新たな年を迎えたいですね。

PS,
FACEBOOKでは、広報の大石さんに私が口頭で伝えたコメントを書いてもらっています。
こちらも合わせてご覧いただければ、二度楽しめる内容になっています。
そして、五十嵐くん、とっても似合っていましたよ。モデルありがとう!

 

MODEL / HIROKI IGARASHI
PHOTO / MICHIKO OOISHI

ABOUT “RiZM CLOSET”
FACE BOOK INSTAGRAM TWITTER

Share on Facebook

RiZM CLOSET