“YOHJI YAMAMOTO POUR HOMME” 17SS COLLECTION REPORT

最終更新日

13731629_848638868600425_3262674310707956087_n 13697274_848638698600442_2883356201676409168_n

YOHJI YAMAMOTO POUR HOMME 17SS COLLECTION

先日、青山本店で開催された展示会へ。
階段を上ってすぐ、目に入ったのは “I am a Slump” と書かれたシルクのビッグコート。
極彩色の美しいコートには、”調子悪いっす” ”傑作遺して早く死ぬヤツ まじむかつく”
狂気すら感じるドロドロの文字で過激な言葉を書いた例の作品が。
画像では見ていたけど、生で見るとかなりの衝撃。

他には、山本耀司の80年〜90年代の作品を、今の感性で新たに蘇らせた作品が並ぶ。
タグ、テキスタイル、スタイル画を解体し再構築していく。
アーカイヴやコラボレーションも多く、自分の過去の作品を引っ張り出して「好きに料理してくれ
と、若い人へ言っているような。(私は、そういう雰囲気に受け取りました)

そこにあるのは、どんな風になっても変わらない、という長いキャリアに裏打ちされた一貫した強靭な意志。
自虐的な言葉の裏には、そんな大人の余裕と自信が垣間見えた。
と、同時に、凄みと覚悟。
お前、これ着れる?って試されている。
着たら着たで、笑いそう。マジか?って。

そう、やっぱり “YOHJI YAMAMOTO” には、ユーモアがある。
賛否両論、清濁合わせ飲む。
こんなことをできるデザイナー、やっぱり普通じゃない。

TEXT:Nakamura
==============================

ABOUT “RiZM CLOSET”
FACE BOOK INSTAGRAM TWITTER

 

Share on Facebook

RiZM CLOSET