“Καιρός &  Χρόνος” 

最終更新日

表参道 キャットストリート  ×  盛岡開運橋通り。
現在と過去、東京と盛岡。異なる時間、場所。
大阪のセルアンドバイショップ“DOLLAR”と盛岡のセレクトショップ“RiZM CLOSET”
厳選した衣服を時間軸で展示販売致します。

第一回は東京表参道、第二回は盛岡市開運橋通で開催致します。
ぜひ、足をお運びください。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 
“Καιρός & Χρόνος” カイロス と クロノス
DOLLAR × RiZM CLOSET
表参道 キャットストリート × 盛岡開運橋通り

<1st / 東京>
期日:11月23(金)、24(土)、25(日)
場所 : DOLLAR / 東京都渋谷区神宮前5-18-13FFF神宮前1階
時間 : 12:00 – 20:00

<2nd / 盛岡>
期日:11月30日(金), 12月1(土)、2(日)、3(月)  12月7日(金)、8日(土)、9日(日)、10日(月) に変更になりました
場所 : RiZM CLOSET / 岩手県盛岡市開運橋通5-7 東映堂盛岡ビルB1

時間 : 14:00 – 20:00

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – 

御挨拶

“DOLLAR” 

私は、大阪で”DOLLAR”というブランドリユースのアパレルショップを営んでおります。
なんで、セレクトショップではないの?
リユースって人からの買取だから、なんでもかんでも売ってるんじゃないの?
なんて、言われることもあります。
私たちのお店は、確かな基準を定め、本当にお客様に届けたい商品を販売しています。
セルアンドバイだからこそできる、幅広いブランドクローゼット、今だけではなく、”過去”に生み出された洋服も一緒に見れる面白さ。
そんな、セルアンドバイの面白さを世界中に伝えていきたいと思っています。

私自身、岩手県で生まれ、リズムクローゼットの扉を開け、ケンさんとお話したところから、洋服の道を選びました。この度のオープニングイベントで、尊敬するリズムクローゼットと、日本では前例のないイベントを企画できることを、心から嬉しく思います。

オーリックダラー 代表 菊地央樹

 

“RiZM CLOSET “

大阪のDOLLAR 菊池君、彼は根っからの洋服好きで盛岡にある私の店に高校生から通っていたお洒落で笑顔がむちゃんこ可愛いベイビィフェイスの男の子だった。
そんな彼が、単身大阪に乗り込んだ。そして早速詐欺にあい数百万失った。その後は、わらしべ長者的に堀江、梅田にセルアンドバイショップを立ち上げ、現在はひょんなことから意気投合した人たちと一緒に会社を設立、沖縄にリノベーションホテルを作ったという波乱万丈人生だ。

飄々とした風情の彼と話していて、ふと思ったことがある。
ギリシア神話のなかで、人生のターニングポイントに現れる一瞬の 「時」 を意味する “カイロス(Καιρός)”だ。その神は、肩と踵に翼を持った美少年の神だという。

瞬く間に眼前を走り抜けるカイロスを捕まえるには前髪をつかむしかない。
通り過ぎた後を追いかけても、後ろ髪が無いので捕まえられない。
カイロスの気配を感じ、躊躇なくむんずと前髪を掴み取る大胆さを持った男ではなかろうか。

そんな彼が、3店舗目に選んだのは、東京表参道、旧渋谷川遊歩道路。
通称キャットストリートだ。
東京の目抜き通りに出現したエアポケットのような裏路地で、裏原宿と呼ばれたシーンを生み、日本のアンダーカルチャーを牽引していった聖地。
ニャンコもキャット驚くそんなイカした場所に、エッジが効いた sell&buy select shop をオープンするという。無謀だ。大丈夫なのか?いや、彼ならできるか。などと揺れ動く私の老婆心を尻目に、物事は進み、もうすでに開店の準備だという。オープンには私の店と一緒にやりたい、との嬉しい申し出があった。人生は面白い。

セレクトとリユース、反目し合う業態同士。しかし、ものが溢れかえる今の世、新たな融合と表現が生まれるのは必然だ。彼も同意であった。
私たちの中で敬意を持つブランドの「過去と現在の物語」、それを表現する、ということで話はついた。

私の店、RiZM CLOSET のコンセプトは、「どこか懐かしく、とても新しい(Nostalgic But, very New.)」である。時の経過を感じさせ、記憶をむずむずさせるものが好きなのだ。スロウペースな私は、彼のような俊敏さは持ち合わせていないが、時をじっくり観察するのには、ちょっと自信はある。

いわば、私が、時間  : Χρόνος(クロノス)だろう。 そんな二人が組む。
一瞬  : Καιρός    (カイロス)と、時間  : Χρόνος(クロノス)。
そんな新しい見え方があるのかもしれない。
ともあれ、面白いお店になるのでは、と想像している。
老若男女紳士淑女の皆々様、ぜひ足をお運び頂ければ是幸いである。

RiZM CLOSET      店主 中村憲一

Share on Facebook